世界各国で利用される歴史ある商品CFD

7 1月 2015

昔世界各国で行われた投資の中でエクイティスワップといわれている投資がありました。
現在は商品CFDといわれていますが、機関投資家などによって昔は取引きが行われていいました。
縁がないといわれていた商品CFDですが、歴史を積み上げていく中で個人投資家も利用するようになってきました。
高い専門知識がとうしても必要といわれていましたが、インターネットの普及によって変わっていきました。

株式投資がオンライン化されたことをきっかけに、世界各国で投資がブームとなっていきます。
勢いはすさまじく、様々な投資が発展していきましたが商品CFDも決して例外ではありませんでした。
そして1990年代になるとイギリスにおいて、個人投資家に対する商品CFDのサービスが本格的に提供され、ヨーロッパ全土から世界各国へと広がっていくようになりました。
現在では世界70カ国以上で商品CFDは取引きが行われています。

日本だけでなくアジア諸国で普及率は低くなっていますが、イギリスなどの先進国においては商品CFDが巨大な市場となって取引きが行われています。
商品CFDはニーズに合わせていきながら、バリエーションが豊かな商品を取り揃えています。
投資に活かしてみるといいでしょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ