日経平均を利用する株価指数CFDを投資プランへ活かす

27 1月 2015

株価指数CFDを利用する投資家も多いですが、これは国内外で提供されている株価指数について売買を行っていくことができる投資です。
資産運用のプランとして紹介をしている証券会社もありますが、株価指数CFDで利用する株価指数は、複数の銘柄から選び出された株価の平均値を算出していきます。
日本においては日経平均株価が利用されていますが、日経平均株価は東証1部の全銘柄から225銘柄の平均となっています。

株価指数は株価指数CFDで利用されていますが、個別の株特有のリスクというのが全くありません。
これが株価指数CFDの大きなメリットとなっていますが、個別の株特有のリスクとなっている企業業績や財政状況について調査する手間が必要なかったり、倒産に関するリスクを負わないことが挙げられます。
投資のプランとして検討している方は、これらのリスクを回避できるという点を魅力としていることが多いです。

FXもCFDの一種となっており、外国通貨が対象となっているCFD取引です。
これがFXと呼ばれており、考え方や取引方法については株価指数CFDと変わりありません。
FXを経験している人は、株価指数CFDを利用して投資の幅を広げるというプランを作り出している方も多いことでしょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ